マンション1棟買いを詳しく調べて有利性のある建物ゲット

第一歩を踏み出そう

講義

不動産投資を始める方の多くが、不動産投資セミナーへの参加から第一歩を踏み出しています。不動産投資セミナーへの参加は、経験も知識も必要ではありません。初心者の方でも安心して参加できるほか、無料相談会を設けているセミナーも多くあります。

もっと読む

ランニングコストに優位性

外観

効率的な管理が可能

不動産投資において1部屋だけを投資対象とすることは、空室のリスクが高まってしまうために不安定です。従って資金面に余裕のある投資家は空室のリスクを極小化するために複数の部屋を所有することが一般的です。そして、複数の部屋を所有するための方法の一つがマンション1棟買いです。マンション1棟買いは1箇所の物件しか所有しないため、その当該マンション、或いはその近隣の場所で何らかの問題が生じた際に、マンション内の全ての部屋の不動産価値が下がると言いうリスクはあります。しかし、一方で共用部分は共通していますので、管理会社にマンションの管理を委託する場合にも1社に任せるだけで済みます。管理のためのコストを少なく済ますことができるのです。また、コス削減のために投資家が自ら可能な限り管理をする場合でも、1箇所の場所に所有する全ての部屋が収まる訳ですから、その分移動の手間などの負担が少なく済みます。このように、マンション1棟買いには、管理を効率化することができ、その結果ランニングコストにおいて異なる場所にある複数物件を所有するよりも優位性が有るのです。

綿密な売却計画が肝要

マンション1棟買いをする場合の最大の注意点と言えるのが売却が容易ではないという点です。日本の不動産事情は売買物件か賃貸物件かを問わず、新築を筆頭に築年数が浅い物件ほど需要が多いという明確な傾向があります。従って、不動産投資用の物件はほぼ例外なく、どこかのタイミングから借り手が見つかり難くなって収益力が低下し始め、やがて収益力が無くなってしまうのです。ですので、不動産投資によってより多くの利益を得るためには、収益力が低下して利益が出なくなる前に投資対象の物件を売却する必要があるのです。しかし、1部屋単位の売却であれば不動産投資家だけでなく、自らが居住するための物件を探している人も購入を検討してくれる可能性が有りますが、これらの自分が居住する物件を探す人たちがマンションを1棟丸ごと購入することはありません。そのため、マンションを1棟丸ごと購入する可能性がある層は極めて限定されるのです。その上築年数が浅くないとなると、買い手を見つけることは困難です。だからこそ、マンション1棟買いをする場合、購入前に予め何年後に幾らくらいで売却ができるかについて綿密な計画を立てておくことが肝要なのです。

気遣いが重要です

アパート

マンション経営で成功したいのであれば、まずは都市部のマンションを保有するよう心がけましょう。また、保有している物件を定期的に見に行くことが重要です。ちょっとした気遣いがマンション経営の成功につながります。

もっと読む

困窮する老後を防ごう

マンション

初心者の方でも、安定した家賃収入を得られるのがマンション経営です。信頼できる不動産投資会社を選ぶことで、マンション経営に関わる全てを任せることができます。信頼できる不動産投資会社を選ぶためには、まずはセミナーに参加することが重要です。

もっと読む